採用における日韓の見解の違い「転職回数」

最終更新: 2月20日


 日本企業が中途採用を進めるにあたり重視するポイントがいくつかあると思いますが、そのひとつに転職回数を挙げられます。


 企業によっては応募条件として具体的な数字まで出し、例えば転職回数2回まで、3回までと設定したりもします。

皆さんも日本企業の求人広告などで一度くらいは目にしたことあるのではないでしょうか?


 韓国の企業なら、転職回数についてはステップアップの一環として理解してくれたりもしますが、日本の企業は、私共も「そんなに気にするんですか?」と思ってしまうほど転職回数を気にしています。


 その理由を推測すると・・・


 企業は、入社したら長く働いてもらいたいと考えているのに、社内で嫌な事があったり、何か他にやりたいことができたりした場合に、すぐに会社を辞めてしまうのでは?という不安を持つからだと思います。


 これから日本企業へ転職を考えていく人は、転職回数も頭に入れながらキャリアを作っていった方が良いと言えるでしょう。


 また、就・転職する際に既に転職回数が増えている人は、企業側の気にする理由を踏まえて、退職及び転職理由を考えておいた方が良いでしょう。

41回の閲覧
GI Logo.png

株式会社グローバルイニシアティブ / KJ事業部

東京都渋谷区恵比寿1-14-7 山本ビル3階

Email : info@kjcareer.jp

Copyright(C)  Global Initiative Corporation All Rights Reserved